1. TOP
  2. コラム
  3. 葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント
「葬儀」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Tutinoko_pad111 葬儀しずに土葬ね、

Twitterはる∇🍅🍎🏠😖dx@haruyon1016

返信 リツイート 3分前

ミャンマーやチベットでも当たり前に葬儀に坊さんが読経に来ることを華麗に無視できるの、どういう神経してるんだろうと思う。

Twitter中村甄ノ丞あるある早くいいたい@ms06r1a

返信 リツイート2 7分前

葬式の話になるとすぐに「仏陀はアーナンダに葬儀に関わるなと言った」「僧侶が儲ける為に作ったニセの教えだ」と宣う馬鹿が湧いて出るんだけど、仏陀が"アーナンダに"関わるなと云っていること、その後にアーナンダの質問に答える形で自身の葬儀、埋葬について言い残していること、

Twitter中村甄ノ丞あるある早くいいたい@ms06r1a

返信1 リツイート2 7分前

日本全国対応がいい 栃木県真岡市 境さん 葬儀は東京葬儀 サンセルモ玉泉院千鳥会館(東京都大田区千鳥2-40-11) 遺品整理はプログレスにしました navi-item.net/botitem_06_063…

Twitter葬儀のこと 遺品整理のこと@rgrrfvdfsg69431

返信 リツイート 7分前

Simejiくんでアン!!ダー!!テ!!イカーって打つと葬儀屋って出てくるの笑う

今日自分が関わっている生物問題の行政との会合があったのだが(私は葬儀で不参加)、とにかく環境省の態度が気にくわない。難しい、動けない、といいつつ情報だけとって、あたかも自分達が集めた情報のように使う。先日のうなぎ写真の無断転用もそうだけど、一番情報リテラシー無頓着なんあんたらや💢

アクスタ、発注の単価は葬儀、射手、傭兵、騎士が750円、レティシア、魔法少女が770円 蛍光系の色は他の色より高いんだね……

TwitterHIR@花畑監視委員会総会長過激派@hir1341

返信 リツイート 10分前

本来は私の誕生日に父の葬儀をするはずだったのが、その日が友引だったため一日延期になったんだった。

RT @PQNKHmbGgrA8wEe: 京アニ被害者の遺族です。 記者達がどこから嗅ぎつけたのか、実家に押しかけ、葬儀場に連絡し、黙って押しかけ勝手に撮影しています。 何がしたいんですか? そんなに悲しむ様子を撮って面白いですか? 報道の自由って、何ですか? 死体蹴りです…

Twitter暴食のいおりん@iori_main

返信 リツイート 13分前

アニメ「赤毛のアン」第46話~第48話を見る マシュウの死にまつわる話 訳本で一番有名な村岡訳では大幅に削除された箇所 2話に亘って葬儀関連の話 テレビアニメでここまで死について描き込んだのも珍しい 人生で見るべきテレビアニメを挙げるなら アン、ウテナ、どれみ、よりもい

Twittervalishc 言葉の海に沈んでます@valishc0

返信 リツイート 14分前

カテゴリー:

葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント

葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント

葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント

 

お葬式は滅多に経験することではありません。
もちろんご親族にご高齢の方がいらっしゃる、身内にご高齢の方がいらっしゃったという理由で続けて葬儀をあげないといけない場合もあるでしょう。
しかしいつ葬儀をすればよいのか誰もがわからないことです。
一度行ったことがあってもかなり前だと忘れてしまうこともあります。
そこでここでは葬儀の日程の決め方や、抑えておくべきポイントについて解説します。

 

葬儀の一般的な日程とは

亡くなった後、お迎えから納棺(棺に納めること)は1日から1日半程度安置します。
これは法律で死後24時間は火葬できないという決まりがあるからです。
その意味から1日から1日半程度経ってからお通夜、その翌日に告別式を行います。
お通夜は火葬を行う前日になります。
告別式はその日のうちに火葬になります。

しかし火葬は火葬場の空き状況などもあり、必ず告別式を行った後にできるとは限りません。
もちろんお勤めいただく僧侶の予定なども考慮する必要があります。
整理しますと、

「亡くなってから火葬迄は約3日程度」

ということになります。

 

○火葬場

最近では都会の火葬場は常に混んでいると言われます。
少し不謹慎な話ですが、ご高齢で無くなる方の数が多いこと、火葬場が空いている日が決まっているなども要因と言われています。
また友引などは本来火葬場を開けない日となっていました。
しかし最近では友引でさえも年々火葬場の稼働率が上がっていると言われています。

縁起が悪いと言われていたのですが、現実的側面を考えるとそのようなことも言っていられないというのが本当のことで、火葬迄に数日かかるということも増えてきました。

実はご葬儀が出来たとしてもこの火葬がスムーズにいかないということも増えてきました。

 

葬儀・告別式の時間とは

お通夜の翌日に葬儀と告別式を行うようになります。
この葬儀と告別式には開始時間に幅があります。
例えば朝10時から始める場合もあり、午後から始めることもあります。
開始前には遺族や親族は集まっておかねばなりません(だいたい1時間程度前が理想的)。

会葬する方は告別式会場に20分ほど前についているのが本来は礼儀です。
ただし、開場から告別式の案内の時間が連絡されているはずなので、開場のかなり前に行くとかえって失礼になることもあります。
開場が10時、告別式が10時半からなら告別式会場には9時10分ほど前で十分です。

 

○告別式

告別式は葬儀会社に頼んでおくと葬儀ディレクターの方がアナウンスやご案内をしてくれます。
またそれに従ってお坊さんが読経や焼香を行ってくれます。
時間にすると約30分程度でしょう。
閉会後は親しい方だけで出棺します。
これは出棺した後、火葬場に行きますが、告別式に参加した方がお見送りします。

火葬場では火葬場の職員の方の指示に従います。
この時もお坊さんがいらっしゃり、火葬前に読経と焼香を行ってくれます。
火葬は火葬場によっても変わりますが、約1時間~1時間半程度で終わります(その時の火葬場の込み具合などにもよる)。

 

葬儀の日程の決め方ポイント

葬儀日程を決める一番のポイントは、

・希望するご葬儀の方法

・菩提寺の僧侶の予定

・火葬場の空き具合

で決めます。
人は亡くなると慌ててしまいますが、大抵は病院経由で葬儀会社を紹介されることがあるようです。

 

○葬儀方法
もちろん葬儀方法は一般の方法か家族葬、火葬式や直葬(火葬だけ)という方法もあります。
通夜を行わず告別式と火葬だけ行う方法もあります。

故人とご家族の考えでどの方法が適しているかを考えて選ぶほうが良いでしょう。
また菩提寺があっても、普段からお付き合いがないということなら、葬儀社が紹介するお坊さんでもかまいません。
ただし菩提寺にお墓がある場合は後の事を考えてお願いしたほうが良い場合もあります。

また一番問題になるのが火葬場の空き具合です。
実際に最近では火葬場で火葬されるまで3日や4日待つというケースもあるといいます。
これもタイミングなので事前に火葬場の空き状況をしっかり確認しておきましょう。