1. TOP
  2. コラム
  3. 今利用者が増えている家族葬を行うメリットとは?
「葬儀」
に関連するツイート
Twitter

葬儀屋「クビをくくってやれば何でもできるだろォ~?」 ヴィンセント「待て...括るのは腹だろ?」

Twitterヴィン葬コピペbot@V_U_bot

返信 リツイート 21秒前

1Kの部屋で作業人数は1人でした 静岡県賀茂郡西伊豆町 西田さん 葬儀は東京葬儀 くらしの友国領総合斎場(東京都調布市八雲台2-4-3) 遺品整理はプログレスにしました navi-item.net/botitem_06_061…

Twitter葬儀のこと 遺品整理のこと@rgrrfvdfsg69431

返信 リツイート 1分前

葬儀屋シロミチ「俺はかっこいいわけないんだよ!……俺がかっこよかったらとっくに姉さんの心は俺のもんになってるっての。」

Twitter伊藤のうちの子bot@ITO_WTNK_DES

返信 リツイート 2分前

返信先:@_piyopiyohiyo 葬儀屋「そういやぁスミエさん見ないな。旅行行くって言ったっきり戻ってこないな…かれこれ1ヶ月は経つんじゃねえか??」

Twitterアラン(。・ω・。)ゞ@AranGrablue

返信 リツイート 3分前

RT @mikiru: お別れの会の案内メールには「イベントではございませんので、お別れを目的としていただける方にご参列いただけますよう、お願い申し上げます」という文があります。これを踏まえて臨むべきでは。担当カラーやうちわを持たずとも、感謝の意は伝えられるはず。自担は葬儀で華…

返信先:@19VtR8wAc5AXjkO 先日、葬儀会社の人とこの様なお話になりました。お坊さんをアプリで注文してネット中継してお経を拝んでもらうとかもありそうですね💦

殿、呉とは一触即発の時です、周瑜殿の葬儀はくれぐれもおおげさに泣いて下さいよ

Twitter諸葛亮(白井式)@shirai_koumei

返信 リツイート 8分前

電話だけでも正確な見積もり出せました 宮崎県えびの市 金城さん 葬儀は東京葬儀 有限会社グレイス社(東京都渋谷区幡ヶ谷2-16-19) 遺品整理はプログレスにしました navi-item.net/botitem_06_065…

Twitter葬儀のこと 遺品整理のこと@rgrrfvdfsg69431

返信 リツイート 11分前

返信先:@_piyopiyohiyo 葬儀屋「ゲンさんにはこちらからも謝っときますよ」

Twitterアラン(。・ω・。)ゞ@AranGrablue

返信 リツイート 11分前

返信先:@ssfm1902 コパ・アメリカ後のバカンス期間中に娘とコロンビアで一緒に過ごしているハメスがインスタにUPしていて子煩悩ぶりがよく伝わってきました。 元妻の父の葬儀もあったりしオスピナや元妻とも今後について話す機会も多かったと思います。 宗教的な家族観とかも多分に影響してそうですしね。

カテゴリー:

今利用者が増えている家族葬を行うメリットとは?

家族葬を行うメリット

家族葬を行うメリット最近注目されている葬儀の方法に家族葬があります。
最近では葬儀場に家族葬専門という文字がある斎場もあります。
でもなぜ家族葬が注目されるようになったのでしょうか。
家族葬が増えた理由は時代的な背景や価値観があります。
ここでは家族葬を行うメリットを中心にご紹介します。
従来のお葬式との違いがわかります。

家族葬が主流になった理由とは

最近、葬儀社の看板に多いのが「家族葬」という文字です。
亡くなる方が増えている一方で、葬儀のスタイルも家族葬にしたい、という方が増えています。
どうして家族葬が増えてきたのでしょうか。
一つは少子高齢化という現象です。
故人が高齢で亡くなった場合、友人も付き合いがなくなくなっている場合もあります。
そして高齢なので参列者も減るようになります。
そうなると葬儀自体も小規模で済みます。
もう一つは自分の葬儀を簡素化したいという故人の希望です。
実は生前のアンケートでも約9割が簡素にしたい、6割の方が家族だけでよいと答えているのだそうです。
従来の大規模な葬儀ではなく、親族や縁者に囲まれて静かに送ってほしいという考え方が主流になっています。

家族葬の大きなメリットとして注目されているのが価格

人は生まれるのもお金がかかり、生活するにもお金がかかります。
しかし死ぬのも実はお金がかかるのです。
現実的に葬儀の平均的費用は100万円以上(全国平均188万円)かかり、かなり高額であることがわかります。
今主流になりつつある家族葬なら30万~50万円の範囲で行えるものが多く、小規模で費用が抑えられることで支持を集めています。
一見不謹慎にも見えますが、実は亡くなってからもお金がかかります。
葬儀以外にも埋葬や供養が残っています。
仮にお墓を持たない場合は新しく都内にお墓を作るなら250万円程度はかかります!普通に考えても葬儀とお墓で400万以上かかるのは非常に負担が大きい話です。
そんなことからも葬儀はなるべく小規模でという考え方が広まってきました。

家族葬ならさらにこんなメリットもある

家族葬だからアットホームな葬儀を行うことができます。
葬儀というと親戚・縁者、会社関係者などが参列し、あまり付き合いのない弔問客にも礼を尽さなければなりません。
本来は故人を偲んで、その悲しみに寄り添いながら葬儀をするのが本筋ですが、従来の葬儀は儀式的意味合いが大きく、本来の心がこもった葬儀にはなりにくかったと言えます。
家族葬ならゆっくりと故人をお送りすることができます。
そして遺族の精神的負担を減らすことができます。
また一般葬儀と違うのが、通夜が告別式になったことです。
通夜は本来亡くなった方の遺体を守り一晩明かすことを指しますが、通夜に告別式と2日も弔問客が訪れます。
そうなると通夜振る舞いなどの飲食を出す必要もあり、出費が重なることになります。
従来のお葬式とは家族と家族のつながり、村的な人間のつながりを持って、故人を送る儀式でした。
ところが近年は核家族が進んだことで、あまり意味のない出費をするよりも、家族で丁寧に送ることが重要だとという意識が高まったと言えます。
義理や見栄というものに惑わされずに、例えば家族だけで故人の大好きだった料理を頂くことも可能です。
自由な葬儀の方法を選ぶことが可能なのも家族葬のメリットです。
ただし葬儀場にも制約が色々あるので、事前に葬祭ディレクターに相談しておくとよいでしょう。
また家族葬は宗教にとらわれず、どんな宗教でも幅広く執り行われます。
そこには形式にとらわれない葬儀を行うことが可能です。
ご家族や故人の遺志に沿って、一番良い方法の葬儀を行うことができます。
それが家族葬の一番のメリットです。

家族葬は現代を表す自由な葬儀スタイルです。
ただし社会的な別れ(例えば故人が勤めていた会社や親しい友人)が希薄になることもあります。
そこで後で偲ぶ会などを催すというご家族もいらっしゃいます。
今後このスタイルはますます増えていくと予想されています。
ご興味のある方は事前に葬儀社のパンフレットやサイトをご覧ください。