1. TOP
  2. コラム
  3. 葬儀社の「早割」のシステムとは?
「葬儀」
に関連するツイート
Twitter

葬式の話になるとすぐに「仏陀はアーナンダに葬儀に関わるなと言った」「僧侶が儲ける為に作ったニセの教えだ」と宣う馬鹿が湧いて出るんだけど、仏陀が"アーナンダに"関わるなと云っていること、その後にアーナンダの質問に答える形で自身の葬儀、埋葬について言い残していること、

Twitter中村甄ノ丞あるある早くいいたい@ms06r1a

返信 リツイート 6秒前

ミャンマーやチベットでも当たり前に葬儀に坊さんが読経に来ることを華麗に無視できるの、どういう神経してるんだろうと思う。

Twitter中村甄ノ丞あるある早くいいたい@ms06r1a

返信 リツイート 6秒前

日本全国対応がいい 栃木県真岡市 境さん 葬儀は東京葬儀 サンセルモ玉泉院千鳥会館(東京都大田区千鳥2-40-11) 遺品整理はプログレスにしました navi-item.net/botitem_06_063…

Twitter葬儀のこと 遺品整理のこと@rgrrfvdfsg69431

返信 リツイート 22秒前

Simejiくんでアン!!ダー!!テ!!イカーって打つと葬儀屋って出てくるの笑う

今日自分が関わっている生物問題の行政との会合があったのだが(私は葬儀で不参加)、とにかく環境省の態度が気にくわない。難しい、動けない、といいつつ情報だけとって、あたかも自分達が集めた情報のように使う。先日のうなぎ写真の無断転用もそうだけど、一番情報リテラシー無頓着なんあんたらや💢

アクスタ、発注の単価は葬儀、射手、傭兵、騎士が750円、レティシア、魔法少女が770円 蛍光系の色は他の色より高いんだね……

TwitterHIR@花畑監視委員会総会長過激派@hir1341

返信 リツイート 2分前

本来は私の誕生日に父の葬儀をするはずだったのが、その日が友引だったため一日延期になったんだった。

RT @PQNKHmbGgrA8wEe: 京アニ被害者の遺族です。 記者達がどこから嗅ぎつけたのか、実家に押しかけ、葬儀場に連絡し、黙って押しかけ勝手に撮影しています。 何がしたいんですか? そんなに悲しむ様子を撮って面白いですか? 報道の自由って、何ですか? 死体蹴りです…

Twitter暴食のいおりん@iori_main

返信 リツイート 6分前

アニメ「赤毛のアン」第46話~第48話を見る マシュウの死にまつわる話 訳本で一番有名な村岡訳では大幅に削除された箇所 2話に亘って葬儀関連の話 テレビアニメでここまで死について描き込んだのも珍しい 人生で見るべきテレビアニメを挙げるなら アン、ウテナ、どれみ、よりもい

Twittervalishc 言葉の海に沈んでます@valishc0

返信 リツイート 7分前

24才の誕生日は父の通夜のため葬儀会場で過ごすことになった。

カテゴリー:

葬儀社の「早割」のシステムとは?

葬儀の早割

葬儀の早割

葬儀業界で非常に話題になっている「早割」というシステムがあります。
長年不透明だった葬儀業界に活を入れたと言われており、今非常に人気があります。
葬儀ビジネスを見直す方法とも言われています。
ここでは「早割」がどんな仕組みで依頼者にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

どんどん安くなる「早割」というシステム

従来葬儀業というと、いつまでに申し込むと何割安くなるといったキャンペーン的な営業は不謹慎だと思われてきました。
ところが最近は葬儀ビジネスが一兆円産業だと言われるようになり、さまざまな葬儀プランが出てきました。
それには核家族化や時代の流れもあり、高額の葬儀費用に疑問を抱く人が増えてきました。
そして家族葬や小規模な葬儀(火葬だけなど)を行う方も増えています。
その中で「早割」というシステムを発表した葬儀会社があります。
インターネットメディア会社である株式会社ユニクエスト・オンラインが発表した方法です。
もともと異業種であったために、柔軟な発想から生まれました。
まずインターネット(またはフリーダイヤル)で早割を申し込みます。
後日金額(時期によっても無料)を振り込むと、「早割申し込み証明書」が届きます。
そこには早割の利用開始日が明記されています。
これは申し込んでから時間が経つとお得に葬儀が行えるプランです。
例えばこの会社で展開している「小さなお葬式(家族葬)」なら通常価格が193,000円(葬儀に寺院手配を加えると248,000円)が、申し込み30日後に178,000円、1年後なら173,000円、2年後なら168,000円になるというものです。
つまり2年後には最大で35,000円安くなるというものです。
高いプランでも643,000円が最大で66,000円値引きされます。
そのため両親のために入るという方が増えています。
これを不謹慎と取るかお得だと取るかはその方次第ですが、時代のニーズに合っているということで非常に注目されています。
それは余命わずかなご親族を抱えた方やご高齢である程度先が見えている両親を抱えた方など、これから近々あるかもしれない「終わり」をいかに乗り越えるかということに現代的なサービスを上手にフィットさせているからです。
中には子供に迷惑をかけたくないということでご自分が申し込むことも可能です。

葬儀の掛け捨て保険として機能する早割

早割にかかる費用はたったの500円です。
時期によってもキャンペーンで0円になっていることもあります。
この方法は掛け捨てタイプと考えられており、三親等までの方が利用することができます。
比較されるのが互助会ですが、互助会はもっと費用がかかります。
早割の優れているところは非常に低負担でありながら、最大で66,000円まで割引が可能であることです(葬儀プランによる)。
先ほどもご紹介した30日、1年後、2年後という3段階で割引が上がり、2円後になると割引率が上がる仕組みです。
もちろん加入期間は3年ですが、有効期限内に500円を追加すればそれをさらに3年延ばすことができます。
現実的に延長を数回繰り返したとしても(例えば500円×5回=2,500円/15年後)に葬儀をしたとしても値引き額は小さな火葬を利用すると20,000円です。
決して損になりません。
「小さいお葬式」として知られているユニクエスト・オンライン社は葬儀業界に新たな方法を提示しました。
彼らの透明性のある価格設定や見積りは従来の不透明だった葬儀業界を一新させるものです。
今後会社の存続やサービスが継続する限りはこの「早割」というシステムは継続するでしょう。
ただし追加料金なしと表記していても、実際には条件付きでなしというケースもあり、広告表示をよく読まないとわからない、という声もあります。

しかし加入者が増えている現在、このサービスが時代のニーズに合っているのは間違いないでしょう。